工場紹介 ― Photo Library ―

お客さまが安全・快適にバスをご利用いただけるように、東急トランセでは各営業所にバスの整備工場を併設し、定期的にバスの点検・整備を実施しています。日々の安全運行を支える東急トランセの整備士(サービス・エンジニア)たちの仕事の一コマをご紹介します。
POINT1安全第一が基本
バスの安全と安心を実現するためには、サービス・エンジニア自身も「安全第一」を主眼においた作業を行うことが基本です。新人サービス・エンジニアには「師匠」と呼ばれる先輩社員が指導にあたり、安全かつ正確な作業方法をしっかりと指導します。また、現場では常に複数人のサービス・エンジニアが作業をしており、互いがどのような作業をしているのか確認し合うことで安全な整備作業を実現しています。
POINT2「使命感」に燃える現場
整備工場での仕事は、夏の暑い時季も冬の寒い時季もあり、決して快適とは言い難い環境での仕事になります。しかし、どのような時もバスの安全と安心のために、サービス・エンジニアたちは確実な整備を実施しなければなりません。サービス・エンジニアはお客さまに安心してご乗車いただける車両を提供するという使命感を以て仕事に取り組んでいます。