Reason1 東急グループ企業としての信頼感

東急グループへの
信頼に応える

東急グループは、鉄道沿線に様々な事業を展開することで、その価値向上と利便性向上を達成してきました。バスはその事業展開の基本となる交通インフラとしてその役割を担っています。東急のバスをご利用いただくお客さまは年間1億5,000万人。選ばれる沿線として東急グループが培ってきた信頼の表れであると言えます。バスをご利用いただくお客さまに、最前線で触れ合うサービス・プロバイダーはもとより、快適な車両をご提供する責任を担うサービス・エンジニアの仕事がその信頼を支えています。

バスに付加価値を、
お客さまへの心遣いを

お客さまの信頼は、高い期待の表れでもあります。時として、おもてなしの心が欠けてしまうと「東急さんなのに…」という評価につながります。バスのご利用に慣れている方、不慣れな方、通勤や通学、レジャーなど、バスをご利用いただくお客さまにはさまざまな状況があります。その一人ひとりに気を配り、お客さまに満足いただけるサービスをご提供する。運転技術はもとより、「自分に何が出来るか」を問い続けながら、お客さまに「東急のバスを利用して良かった」と感じていただくために、一人ひとりが責任と誇りを持ちながら仕事に臨んでいます。